秋の七草の花言葉には由来があった!何のために選ばれたの?

秋の七草

秋の七草とは 〜何のために選ばれたの?〜

由来は万葉集です。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七草の花(万葉集・巻八1537)」
「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女朗花 また藤袴 朝顔の花(万葉集・巻八1538)」

これらは山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌です。

一つ目の歌は、「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」という意味で、

二つ目の歌でその7つの名前を挙げています。

憶良がこの歌を詠んだことでこれらが秋の七草として認知されました。

秋の七草

萩(はぎ)
薄(すすき・尾花のこと)
屑(くず)
撫子(なでしこ)
女郎花(おみなえし)
藤袴(ふじばかま)
桔梗(ききょう・朝顔のこと)

秋の七草は鑑賞して楽しむために選ばれたと考えられています。

春の七草みたいに七草粥で食べたりはしません。

当たり前ですが、秋の七草にはそれぞれ花言葉があります。

その由来を辿っていくと結構興味深いものです。

では、秋の七草の花言葉やその由来を順番に見ていきましょう。

萩(ハギ)

花言葉

「内気」「思案」「前向きな恋」「柔軟な精神」「柔らかな心」「過去の思い出」「物思い」

花言葉の由来

「内気」「思案」は、控えめで細やかな美しさに由来します。
「前向きな恋」は、前へ前へと伸びる枝に紫色の花がたくさん咲く姿に由来します。
「柔軟な精神」「柔らかな心」は、涼やかに風に揺れる姿に由来します。
「過去の思い出」「物思い」は、どこか寂しげな風情を感じさせることに由来します。

花名の由来

萩は、古株から芽を出すことから生芽(はえき)と呼ばれていました。

その「はえき」という名前が変化して「萩」という花名になったといわれています。

薄(ススキ)

花言葉

「活力」「勢い」「活気」「元気」「勢力」「生命力」「悔いのない青春」

花言葉の由来

薄は焼け野原になっても生き残った地下茎から芽を出すことができます。

この生命力の強さからこれらの花言葉がつきました

花名の由来

「スス」すくすくまっすぐに立つこと「キ」草や茎を表しています。

葛(クズ)

花言葉

「芯の強さ」「恋の溜息」「活力」「治癒」「根気」「努力」「思慮深い」

花言葉の由来

「芯の強さ」「活力」「根気」「努力」は、繁殖力がとても強いことに由来しています。

葛は根茎から増殖することができるため荒れたところでも育つことができるそうです。

「治療」「思慮深い」は、その治療効果に由来します。

葛の根を乾燥させたものは“葛根”と呼ばれ、漢方薬の原料になっています。

解熱や鎮痛作用の他にも様々な効果があり、その治療効果からこれらの花言葉がつきました。

「恋のため息」はその香りに由来します。

香りがほんのり甘く、またブドウのように咲く姿からこのような花言葉がついたとされています。

花名の由来

葛はその昔、「国栖 (くず) 」という地域で掘り出され精製されていました。

その地名が由来となり、葛という花名が付けられました。

撫子(ナデシコ)

花言葉

ナデシコ全般の花言葉は「大胆」「純愛」「貞節」
ピンクのナデシコの花言葉は「純粋な愛」
赤いナデシコ(八重咲き)の花言葉は「純粋で燃えるような愛」
白いナデシコの花言葉は「器用」「才能」です

花言葉の由来

「純愛」「貞節」花姿が繊細で美しく女性的であることに由来しています。

「大胆」ヨーロッパの外来種に由来すると言われています。

「純粋で燃えるような愛」深紅の花びらが燃え立つように見えるところから来ています。

「器用」「才能」白花が知的でスペックの高いイメージを感じさせるところから来ています。

「純粋な愛」ピンクの花の純粋でひたむきなイメージから来ています。

花名の由来

「撫でたくなるほど可愛らしい子」という意味から付けられました。

女郎花(オミナエシ)

花言葉

「美人」「親切」「心尽くし」「佳人」「はかない恋」「忍耐」「約束を守る」

花言葉の由来

「美人」「親切」「心尽くし」「佳人」は、華奢で愛らしい花姿が理想の女性をイメージさせることから来ています。

「はかない恋」「忍耐」は、儚げな花姿が黙って悲しみに耐える人のように感じられることに由来します。

「約束を守る」は、能の有名な演目「おみなめし(女郎花)」に由来します。

花名の由来

「オミナ」が“女性”を意味し、「ヘシ」は“圧(へ)す”が変化したものです。

“圧す”には圧倒するという意味があり、「どんな女性も圧倒するほどの美人」という意味になります。

また、女郎花の花姿が「栗飯」という女性の食べ物に似ていたため、そこから「女飯(おんなめし)」→「オミナエシ」という形に変化したという説があります。

藤袴(フジバカマ)

花言葉

「遅れ」「ためらい」「躊躇」「あの日を思いだす」

花言葉の由来

「遅れ」「ためらい」「躊躇」は、長い時間をかけて少しずつ花を咲かせる様子から来ています。

「あの日を思いだす」は、藤袴に因んだ民話から来ています。

花名の由来

藤色の花を咲かせ、花の形が袴(はかま)に似ていることから「藤色の袴」→「フジバカマ」というように花名が付けられました。

また、室町時代の歌人、飛鳥井正親(あすかいまさちか)の『古今栄雅抄(こきんえいがしょう)』の中に藤袴の由来が出てきます。

桔梗(キキョウ)

花言葉

「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」

花言葉の由来

「永遠の愛」は、女性が(桔梗を見つめながら)恋人(戦に出た男)を生涯待ち続けたという物語に由来しています。

「誠実」「従順」花の色のイメージから来ています。 桔梗の花は戦国武将に愛されており、その時代の武士の主従関係からこのような花言葉がつけられたと言われています。

「清楚」は 、気品溢れる色合いから来ていると言われています。

花名の由来

桔梗は漢名で音読みすると「キチコウ」

それが変化して「キキョウ」という花名が付けられました。

まとめ

秋の七草が何のために選ばれたのか、それぞれの花言葉や花名の由来について紹介していきました。

様々な説があるので詳細は不明ですが、有力なものを中心にまとめています

ぜひ参考にしてみてください。